西田医院

≪日本脳炎≫

☆日本脳炎は、日本脳炎ウイルスの感染で起こります。ヒトから直接ではなく、ブタなどの体内で増えたウイルス
 が蚊によって媒介され感染します。ウイルスを運ぶ蚊は日本全土にいます。
 7〜10日の潜伏期間の後、高熱・頭痛・嘔吐・意識障害・けいれんなどの症状を示す急性脳症になります。
 感染者のうち100〜1000人に1人が脳炎を発症します。
 脳炎の他、髄膜炎や夏かぜ様の症状で終わる人もいます。脳炎にかかった場合の死亡率は20〜40%ですが、
 神経の後遺症を残す人が多くいます。


☆定期接種

 ・対象者  :T期 生後6か月以上7歳6ヶ月未満(標準として3歳)
         U期 9歳以上13歳未満

 ・接種回数:T期 初回接種→6日以上の間隔で2回
             追加接種→初回接種終了後、6ヶ月以上の間隔で1回
                 (標準として1年後)

         U期 9歳以上で1回接種


☆特例対象者

 @H19年4月2日〜H21年10月1日生まれの方

  ・T期の接種が終了していない方は、U期(9〜13歳未満)の期間であれば、不足分を公費で接種出来ます。

 
 AH19年4月1日以前生まれの20歳未満の方

  ・20歳未満の間であれば、不足分を公費で接種出来ます。(U期は必ず9歳以上で接種)
   T期追加からU期までは、おおむね5年の間隔をおくことが望ましいとされています。


  
もどる