主治医ドットコム

主治医ドットコム

ワクチン誤接種の防止を実現


「タスカル」はワクチン誤接種を防止するフィルターシステムです。 ワクチン接種当日に生年月日と接種履歴から「本日、接種するために必要な日付の条件」を瞬時に算出します。 誕生日で接種可能なワクチンを絞り込み、本日接種希望のワクチンを選択すると、そのワクチンに関する接種条 件(前回の接種がいつまでに終わっていることや、その他の生ワクチン、不活化ワクチンがいつまでに接種済み であること)を表示しますので、母子手帳や予診票でその内容を確認できます。煩わしい日付の計算をすべてタ スカルが行いますので当日のワクチン誤接種を防止できます。また、次回以降のワクチンスケジュールを算出す る場合にも、誕生日と接種履歴から今後のワクチンスケジュールを瞬時に算出します。これにより未来のワクチ ン誤接種も防止します。

2018年、中途採用にタスカルをぜひご検討ください。

ワクチン誤接種防止

『接種間隔の間違い』全体の53%に


厚生労働省が発表した2016年度の誤接種6,602件のうち、約7割を占める原因の3つは 『接種間隔の間違い』→3,475件、『接種回数の誤り』→797件、『別ワクチンの接種』→549件、 となっている。 年々増加している接種ミス。いずれのケースも健康被害はまだ報告されていないという。 しかしこの件数はきちんと報告されたもののみが対象となっているが、実際はこの数十倍の誤接種がある ものと推測されている。

ここで注目していただきたいのが『接種間隔の間違い』が全体の半分以上を占め ているということである。ワクチン後進国と言われた日本もここ数年で主に公費の小児ワクチンが増加して きました。2歳になる前までに多くのワクチンを接種するために3本、4本を同時に接種することが当た り前になってきました。しかしそのワクチンには各々、接種前後に他のワクチンとの必要間隔日数が定め られています。前回の接種は他の医院で、とか、発熱で日にちを変更とか、BCGは集団接種とか、患者 の誕生日と予防接種法の公費接種期限と過去の接種履歴と次回の接種可能ワクチン、、、これをすべて間違 えずに管理することは受付のスタッフの業務の大きな負担となっているのが現実です。

記事

『タスカル』なら簡単、安心!!

2019年いよいよ年号が変わり和暦西暦も更に複雑に。年々増加している接種ミ ス。タスカルの登場で ワクチン誤接種の防止を実現出来ます。窓口で行っている「本日接種が可能か どうか」「他のに接種可能な ワクチンがないか」「お電話でのワクチン相談や会計時の次回接種ワクチ ンのご案内」など、必要な回答を 瞬時に導き出します。

経験の少ない新人スタッフ支援ツールとして、
経験豊富なスタッフのダブルチェック ツールとして。

タスカルデモ
料金月額5400円
タブレットとPC
『タスカル』のここがすごい!

ワクチンの接種間隔は厚生労働省予防接種法に準拠。
またクリニックでのカスタマイズ可能。

本日のワクチンをチェック

当日来院した患者様に、本当に接種可能かどうかを簡単にチェックできる機能です。 初めてクリニックに来院された患者様も直前の接種履歴をチェックするだけで可能 かどうか判断できます。また、ほかにも同時接種できるワクチンがあるかどうかも 確認することができます。

ワクチン早見表

ワクチンスケジュール

電話や窓口で、次回の接種ワクチンや今後のスケジュールを相談されたときに、スケジュールを瞬時に表示、最終接種のワクチンを確認すれば、 以降の接種ワクチンスケジュ ールが正確に更新されます。ワクチン計算の基となる間隔日数は、初期値が厚生労働省 の予防接種法に準拠して設定されており、医院独自の設定にも変更可能となっていますので安心です。 複数回接種を必要とするワクチンは接種期限ではなく、全回数を接種できるよう、推奨期間も設定できます。

ワクチンシミュレーション

設定カスタマイズ

ワクチン計算の基となる間隔日数は、 初期値が厚生労働省の予防接種法に準拠して設定されており、 医院独自の設定にも変更可能となっていますので安心です。 複数回接種を必要とするワクチンは接種期限ではなく、全回数を接種できるよう、推奨期間も設定できます。

ワクチン早見表

2018年、中途採用にタスカルをぜひご検討ください


確認
登録

患者様の”不安”と”疑問”が
『安心』と『信頼』へと変わります



タスカル
ワクチン誤接種防止
 ©2018 株式会社オリヴァー All Rights Reserved.