ながぬまこどもクリニック
新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが多いです(コロナ減ってきましたがインフルエンザより多いです)。感染性胃腸炎が一部で流行しています。
コロナ流行のため早い時刻で、予約受付困難になっています。早い時刻の予約をお願いします。また、症状が軽い時は、38℃以上熱がでた翌日の診察とコロナ抗原検査がお勧めです。
多くの検査で偽陰性と偽陽性があります。可能性の少ない病気の検査をして診断すると偽陽性の割合が増えます(検査の病気でないのに病気と診断される人)。また、治療に影響しないウイルスの検査は患者さんに不利になることが多いです。
溶連菌は診察が大切です。検査で溶連菌があっても、のどに溶連菌がついているだけで悪いことをしていない事が多いです。診察(と症状)が合わないのに検査をすると大勢の人に溶連菌検査陽性がでます。治療しない方が良い人に不必要な治療をすることになります。病気の本体ではないので違う病気が隠れています。溶連菌の検査が陽性でも安心できません。症状の注意・診察・説明・違う病気の注意が大切で、必要性の低い検査は患者さんの不利になることが多いです。
もどる