守岡小児科医院

◆ワクチンプランの立て方◆

ワクチンを続けて接種したいときは、2つのルールがあるのでそれを守って計画を立てます。

ルール1:異なるワクチン同士は、規定の間隔をあけなければならない。

・不活化ワクチンを接種したら1週間空ける
・生ワクチンを接種したら4週間空ける

 〔不活化ワクチン〕
  4種混合、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、日本脳炎、
  インフルエンザなど

 〔生ワクチン〕
  ロタ、BCG、MR、水痘、オタフク

ルール2:同じワクチンにも規定の間隔があるのでそれを守る。

初回接種時に数回接種しなければいけないワクチンは、それぞれ間隔が決められています。

・4種混合は3〜8週間
・日本脳炎は2〜4週間
・ヒブワクチンは4〜8週間
・肺炎球菌は4週間以上
・インフルエンザは3〜5週間

◆生後2カ月からのおすすめプラン◆
(満1歳までのスケジュールの立て方)

生後2カ月:肺炎球菌+ヒブワクチン+ロタ(肺+ヒブ+ロタ)1回目


4週間以上あけて、肺+ヒブ+ロタ2回目


4週間以上あけて肺+ヒブ3回目


1週間以上あけて4種混合+B型肝炎1回目


4週間以上あけて4種混合+B型肝炎2回目


3週間以上あけて4種混合+BCG


1回目のB型肝炎から20〜24週間あけてB型肝炎3回目

【注意】
4種混合、不活化ポリオ、BCGは生後3カ月からの接種になります。B型肝炎とロタは有料です。(自治体によっては補助あり)


※おすすめプラン以外にも組み合わせはたくさんあります。
このパターンにこだわる必要はありません。
また、具合が悪い時は接種できません。
風邪をひいたりすると予定通りにいかないこともありますので、
スケジュールは余裕をもって立てることをおすすすめします。
もどる