守岡小児科医院

★おたふくかぜによる難聴の合併症がニュースになりました(2017.9.6)

おたふくワクチンは、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)を予防するワクチンです。

【接種年齢】1才以上
【接種回数】2回
【接種推奨時期】1回目1〜2才、2回目小学校就学前年度(年長児)
※4,5年空けるのがお勧めです。
【価格】1回7000円 
【同時接種】当院では他ワクチンとの2種同時接種可

◆接種した方が良い?◆
はい。おたふくは、かかってしまうと治療薬がありません。
おたふくは耳の下が腫れて痛いだけでなく、髄膜炎や難聴(補聴器を使っても回復困難)といった合併症も起こす感染症なので、予防が大切です。


◆2回接種した方がいい?◆
はい。1回だけだと免疫が不十分とされています。
4,5年あけて(最短でも3年)接種すると良いとされています。
なお、上記接種推奨時期の期間外でも接種可能なので(例えば、2歳時に接種し罹患しないまま今10歳になった場合など)、2回接種してくださいね。


◆副反応について◆
接種した場所が腫れたり熱が出ることがあります。
また、接種してから2,3週後に軽くおたふくにかかったようになり、耳の下が腫れる場合があります。
これは、免疫がちゃんとついたという合図なので心配は要りませんが、本物のおたふくと区別する必要があるので受診はしてください。

◆松戸市民の方へ◆
28年4月1日から補助金制度があります。助成される対象年齢は1才〜年長児です。{1回2500円・2回分}が助成されます。接種当日は保険証やこども受給券を必ずお持ちください。松戸市民であることを確認いたします。確認できない場合は助成できませんのでお気をつけください。



もどる