こぶち小児科

【ロタウイルスについて】
・主に乳幼児を中心に、5歳までにほとんどのこどもがかかる胃腸炎です。
・日本では5つのタイプが多くみられ、どの型が流行するかは年により異なります。
・代表的な症状は、嘔吐、下痢、発熱で、脱水になることもあります。
・ロタウイルスワクチンで症状の緩和が期待されます。

【ロタウイルスワクチンについて】
・欧米では100以上の国と地域で接種され70か国以上で定期接種に指定されています。(日本では自費ワクチンとなっています。)
・当院ではロタウイルスワクチンは、主に「ロタテック」を接種しています。
ネットあるいは代表電話で予約してください。
・ご希望があれば「ロタリックス1回目」の接種も可能ですが、現在ネット予約ができません。代表電話で予約して下さい。
・当院あるいは他院でロタリックス1回目を接種済の方は「ロタリックス2回目」をネットあるいは代表電話で予約してください。


@「ロタテック」の効果は「ロタリックス」と同じです。  

A「ロタテック」は生後6〜32週の間に、4週間隔以上で計3回接種のため接種期間に余裕があります。

(「ロタリックス」は生後6〜24週の間に、4週間間隔以上で計2回の接種。24週を過ぎると接種できません。)

B「ロタテック3回」と「ロタリックス2回」の接種料金を比較すると「ロタテック3回接種」の方が安くなります。

Cどちらかで接種を開始した場合、ロタテックとロタリックスを途中で変更することはできません。

(いずれのワクチンも納入価格変動により、接種料金が変更となる場合があります。)






もどる